フロント周辺へ。

 出来るだけ早く取り掛かりたい箇所だったのですが、パーツ構成がなかなか決められずぐずぐずしていたフロントの製作に入りました。 一応はこうすれば複製も出来るだろうというアイデアは浮かんでます。


 その前にまず、すでに形が出ているパーツを。

b0105855_013461.jpg
 荷台部分は箱組みパーツ上下のセットで中空にしています。


 これは決してレジンをケチりたい訳ではなく、例えばヘッドライトを光らせる時の電池を入れたり、ATの背中を乗せる台を上下させる動力を組み込んでみたり、まあ実際にやるかやらないかは別にして、キットが中空であるということは、そういった想像をする楽しさがあると思いますんで、そういう構成にしています。


 ATの足を乗せるパーツは、大きさに問題があって後からまたどうするか考える予定だったんですが、やっぱり気になって上で5mm切断してみたところ、それだけでそのまま使えそうなんで、それでOKとしました。


 タイヤは自作ですが、製作方法はまた次にでも。



b0105855_0234866.jpg
 ここでまたAGを乗せてみます。うん、なかなか良い感じじゃあないですか。



b0105855_029824.jpg
 フロントはライト周辺に凹凸がありますんで(設定画や映像ではディティールのみにも見えますが、凹凸と判断しました。)、0.5mmのプラ板を3枚重ねて製作することにしました。一番上はイメージ、真ん中、一番下の斜線をいれた部分をくりぬきます。


b0105855_0325356.jpg
 先の画像にあるフロント構成パーツを加工して組み合わせたもの。これで完成ではなくで、やや鼻面が高くなるように、すこしアールをつけて曲面にします。


 赤矢印部分に5mmのHアイズ(wave製)をいれています。キットはHアイズでライトを再現するようにしますが、先にも述べたように、電飾派の人の為に、この裏も中空にしておくつもりです。


 本当はメーターパネルやダッシュボードのパーツを裏に当てた方が、強度的にも助かるんですが、僕自身電飾派なんで、こういう構成が嬉しいという人は、たとえ少数であろうとも必ずおられると思いますんで。


 フロントパーツの上はドアと椅子の背中側のパーツ。茶色い部分はエポパテで、プラ板にはメンタムを塗っていますので、このままスポッと取れます(のはずですw)。そしてそのままガラスパーツになります。


 今回、今のとこガラスパーツは透明レジンでいこうかと思っています。気泡混入は避けられない透明レジンですが、まっすぐな板なら気泡は残らんのじゃないかという甘い見積もりをしております。
[PR]
by ikaremanbou | 2008-04-09 00:54 | 1/48 トーラム | Comments(4)
Commented by 赤鼻のキム at 2008-04-09 03:15 x
>箱組みパーツ上下のセットで中空
ケチうんぬんより、ムクじゃなく薄パーツの方が難易度高めのようなw 歩留まり悪そー! 心意気買います!

>こういう構成が嬉しいという人は、たとえ少数であろうとも必ずおられる
ハーイ!(両手挙げw)

>ガラスパーツは透明レジン
経験上、長期在庫による劣化や吸湿の為発泡するような気がします。回避策を練るためにも早めのテスト注型をw
Commented by ikaremanbou at 2008-04-09 22:54
>赤鼻のキムさん

>薄パーツの方が難易度高め
 ですよね~。一応可能な場所は2㎜厚にして、コーナーには三角棒を当てて対応してみようかと。何としても中は空けたい!この心意気、買って下さってありがとうゴザイマス!

>両手挙げ
 赤鼻さんは少数派?多数派?w

>早めのテスト中型を
 これも、ですよね~。透明レジンは、余り分が残った紙コップの中の状態は最高なんですがねw 内面の防水コートがいいんですかね。普通のレジンで抜いて、「これを型に透明プラ板で自作して下さい。」という究極の手段が残されているとはいえ、やはりハナからユーザーの努力をあてにするような作りにはしたくない・・・。それじゃある意味欠品ですしね。必ず何らかの方法でいかした窓ガラスを・・・。
Commented by 赤鼻のキム at 2008-04-10 00:56 x
>ユーザーの努力をあてにするような作り
私の中では”キット製作者からの挑戦”を意味しますw

まあ、レジンは不確定な要素が多すぎてw レジン自体ロットによって性質が違ったりするし(これ、友人の会社で確認済み)温度、湿度にも左右される。透明レジンはさらに… ww
Commented by ikaremanbou at 2008-04-10 22:21
>赤鼻のキムさん

>キット製作者からの挑戦
 なんてよくできたユーザーw 複雑な構成や繊細なパーツで敷居を高くするのはなるほど挑戦的ではありますが、あまり簡単な部分で好きにしてというのは、やはり少々抵抗が・・・。

 レジンもそうですが、シリコンも硬化する時の縮み幅に差があるようで、きっちり組むパーツは同じシリコン型に入れなきゃ合いが悪くなるとか、ますますもって厳しいですね。

 う~ん、ここはやっぱり真空脱泡機購入ですべて丸く・・・ww