「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 ようやく風邪も完治いたしました。いよいよ製作再開となりますが、タイミングよく2/3が休みとなりましたので、コジマ大隊長主催の“節分、コジマ塾”に参加申込しました。

 で、前回参加した時に引き続き、持参品など予告。

 完成品はタカラトミーさん主催の“ボトムズバトリング大会2007”に参加した(結果は選外!)ディオラマボックス。今回はこれのみですが、魂の作品ということで。当日は雨の予報ですが、何とか電車に乗って引っ張って行きます。

 現地では、マイクロシリーズのトータス製作かレジンのフィギュアのヤスリがけをするつもりです。

 今回も宴会は不参加なので、出来るだけいろんな方とお話しできたらいいな、と思うんですが、おじさん、ユニコーンもOOも全く見てないんで・・・。ボトムズやダグラム、その他80年前後ならジャンルを問わずいけるんですが(あ、最近(!?)のではOVAの新ゲッター見ました・・・w)、そっちの方で話を広げられる方、少数派かもしれませんが、いらしたら是非話をふってくださいまし。

 ではまた当日ー。
[PR]
 何年ぶりかで風邪を引いてしまいました。今は仕事に行くだけで精一杯・・・。更新はしばらく待って下さい・・・、ですますつもりでしたが、今日はちと余裕があるので先日宴会からもらった〝ダンボー〟をアップ。

b0105855_206194.jpg
 “よつばと”のリボルテック第2弾は、なんとダンボーでした。リリースを聞いた時、「ダンボーなんて自分にも作れるから、他のを出して!」という感じでしたが、やっぱり出すならこのタイミングでしょうなあ。

b0105855_20103236.jpg
 「ヤメロー!」
 やっぱり目が光ったりするギミックは楽しいです。けど、ダンボールの質感は、もうちょっと何か表現方法がなかったのかなあ。折り返しのふちにダンボールッぽいディティールをいれてくれてたら、いかにも子供の工作って感じがすると思うんですけれども。スケール的に無理・・・ってこともないと思いますが。

b0105855_20153414.jpg
 中にはちゃんとみうらちゃんが(頭差し替えですが。)。この表情は、扉絵のものだったかな?今、よつばと全巻を宴会に貸出中なんで確認できませんが、意外と使いづらいです、この表情。仮にえなちゃんやかーちゃんと並べるとしたら、「あち~」とか「やってらんねぇ」の表情の方がらしい絵ができるんですが(自分的にこれは重要!)。


 で、しばし遊んで思いました。

b0105855_2020516.jpg
 「んっ?みうらちゃんちっちゃない!?」
 ダンボー自体はそんなに小さい感はないんですけれども、これじゃあますますみうらちゃんバージョンが使いづらいな・・・。別にノンスケールモデルなんで、単体ごとにバランスがとれていれば全く問題ないといえばそうなんでしょうが、“シリーズ”と言われれば並べたくなるんで、この差はやっぱり大きいですかな。逆に言えば、このシリーズ、今後とも「欲しいものは自分で作れ。」的なスキが残されるんじゃあないかと。

 そう思うと、今後のシリーズ展開にさらに楽しみが増すような気がするのは、かなりひねた考え方ですかね?
[PR]
 正月に部屋を片付けてからリハビリ的に、1/144のトータス(タカラトミーマイクロシリーズ)を製作してたんですが、やってるうちにハートに火がついてきて、胸部をプラで組み、コックピット内まで再現を・・・、などどいう流れになってきましたので、ここで時間をかけすぎないように、まずはいかれ漫房頭領としての務めを果たすことにします(トータスは別にカテゴリを作って、また記事を書きます。)。



 今年のワンフェス(夏)は、1/24のATでいきます(あ~あ、言っちゃった・・・。)。なぜ1/24製作などという神をも恐れぬ行為にでるかと申しますと、単純に「自分が欲しいから。」w

 なので当然自分が一番欲しいもの、ということで ベルゼルガDT を製作します。

b0105855_1955636.jpg

 え~、頑張ってますよ、超アナログ的な手法でw

 去年、3D CADを手に入れて(どこまでも大人w)それはそれでちょいちょいさわってるんですが、今回製作するDTは、機械的な図面からよりも、設定画のような、イメージをデフォルメした形状にしたいと考えていますので、ある意味、手書きのアバウトさの方が良いイメージで描けるのではないかと。まあ、まだCADを使いこなせない言い訳でもありますが。

 ここまでくるのに、結構宴会部長のダメだしを受けましたが、ようやく工作に取り掛かれそうなところまできました。立体にしたときに〝イメージとのずれ〟が出てくるでしょうから、ここらで一旦、形にしてみます。



 今年は宴会部長も1/48ダグラムの製作、井上広報がガンプラ王出品(フフフ、言ってやった!!)という具体的な目標が立ち、弱小サークルながら勢いがでてきて、楽しくなってきました。

 グループ活動の長所を活かして、今年一年モチベーションを維持して頑張ります!!
[PR]
b0105855_20123293.jpg かなり長いこと製作から離れてました。部屋が寒いのがあかんのかな~、とか思ってたんですが、よう考えたらバトリング大会に参加した作品の仕上げが残ってて、部屋が片付いてないのが、モチベーションがあがらない一番の原因だったんで、正月にちびちびと手を入れて、ようやく完成させました。

 ・・・とは言っても、未接着だった天井のシートを接着して、瓦礫の量をを少し増やして、ATをベースに固定しただけなんですが。

 これでようやく一つの作品に区切りがついて、心置きなく次に入れます。

 本当は、以前撮影した写真には写っていないものが結構ありますので、ATを固定する前にベースの写真を撮ろうと思ってたんですが、撮影→投稿が終了した時点で、自分の中では全て終わってるんで、何だかもう、面倒くさくなってしまって・・・。

 部屋のメタルラックにスペースを作って作品を置き、部屋全体を掃除し終えました。これでようやく、去年から続いていた作業が終了しました。





 それとだいたい時を同じくして、タカラトミーのボトムズオフィシャルサイトで、バトリング大会の審査会の様子がアップされてました。

 その画像の一部に自分の投稿した作品がぁっ!!
b0105855_20163249.jpg

 別に〝これは応募作品の一部です。〟と紹介されたとわけでもない、送った本人にしか分からないような写真ですが、これがなんとも言えず嬉しいのです。

 僕にとって“バトリング大会”とは、ボトムズという作品を産んで下さった方々や長きに渡ってその作品の商品を世に送り出して下さっている方々に、「本当に有難うございます。自分はあなた方が産んで下さった作品や商品を使って、こんなに楽しく遊ばせていただいてます。」という感謝の気持ちを送るために参加をするもので、他の模型コンテストとは全く意味合いの違うものです。

 ですから、こんなにちっこい写真でも、「確かに自分の製作したものが、スタッフ皆さんの目にふれている!」という実感が湧いてきて、本当に嬉しいものなのです。


 さらに嬉しいことがもう一つ。僕の作品写真の手前にある写真は、赤鼻さんの投稿されたものではないかと・・・。赤鼻さんとは、前回のバトリング大会がご縁で仲良くさせていただいていて、今回の大会でも、製作段階からお互いに励ましあいながらやってきました。

 違う地域から投稿しあった作品が審査会場で並んでいるなんて、何か運命めいたものが・・・などと、一つ間違えればあやしい妄想を繰り広げたり・・・ww



 コンテストというからには、そりゃあ結果が出たほうが嬉しいに決まっていますが、ボトムズを愛する凄腕の参加者達のなかで、それを求めるにはあまりにも無謀な話、・・・と言うわけで、今、自分が一番気持ちよくなっているところで、結果を待つまでもなく、バトリング大会2007は終了です。
[PR]