<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ベース製作の手が全く進まないので、先にATを仕上げてしまうことにしました。ATさえ完成させておけば、自分で納得いくいかないに関わらず、とりあえずは形になりますので、精神的に余裕が生まれますし。
b0105855_0511067.jpg

まだ、全ての機体に、表面の細かいキズはつけていないんですが、弾痕の工作などは終了しています。

コイツは唯一腕がもげる程のダメージをつけた1体です。まだ落っこちた腕の方の工作が残っていますが、これが終わればほぼ、塗装に入ることができます。6体の機体の腕なり足なりにこのくらいのダメージ工作ができれば、絵的にもさらに盛り上がるんですが、時間の都合上他は内部パーツが見えるようなダメージはなしで。

写真のATは最前列の真ん中に位置する機体ですので、コイツをそこそこいじっておけば、全体の印象も変わるはず、と自分に言い聞かせて・・・(アイドルのユニットでも、中心にカワイイ、もしくはカッコイイ人を置いておけば、そのグループ全体がよく見えてくるもんでしょ?:う~ん、苦しいですか・・・。)。

b0105855_121616.jpg

あれっ!?写真でみるともう一つだな。色がつけばもっといい感じになってくれるでしょう(直す気なし。)。

b0105855_142787.jpg

今回、8体に共通して行っている基本工作は、リベットの打直しとスモークディスチャージャーのパーツ差替え、アームパンチの薬莢を排莢(もしくは充填)する穴の再現、アンテナ基部にスプリングパイプを取り付けたぐらいです。

b0105855_1112843.jpg

今から点字ブロックの原型にシリコンを流して、今日の作業を終了します。
[PR]
時間だけが過ぎ、作業はなかなか進みません・・・(汗)。

b0105855_22161349.jpg

有効に使えるかどうかも分からないまま、ハンガーラックを製作しました。これがまた、結構な時間がかかっている割には、ハンダ付けをした部分など作品としての観賞に耐えうる出来かどうか、?だったんですが、サフを吹いてみたところ使えそうです。ちなみに“ハンガーラック”とは、

b0105855_22194749.jpg

こういう風に、建築物内内で、階と階の間のスラブ内などで、電線を引き回す際に、それをのっけるレールとでも言いましょうか。建物の天井が抜ける絵を作りたければ、私的には電線と合わせて必須アイテムです。

b0105855_22262215.jpg

次に空調のダクト。駅構内にはパッケージ型のエアコン(ものすごく簡単に言うと室外機の要らないエアコン)が設置してあるところがほとんどなんですが、地下鉄のように天井が低い場所では、天井に他のタイプのエアコンの吹き出しが付いてますので、そちらも作っておきたいところです。

あと、水道などの配管も、と思ってたんですが、

b0105855_22352423.jpg前回にも載せた天六の天井を見てみると、ありませんでした。そりゃそうか、地下鉄の駅構内にはトイレも水道もありませんものね。

電線は電線管に入れて引き回しているようですが(そもそもラックもないな)、今回製作する作品では電線むき出しでラックに這わせます。その方が電線が上からバラっと落ちてきた感じで面白い絵になりそうだからです。

左の画像で、蛍光灯と同じ高さにある格子状に組まれた鉄材(ステンですが)は、ハンガーレールといって、化粧用石膏ボード(天井の配管などを隠したりする)を取り付けたりする目的で設置されているものですが、コイツも作らないといけません(間に合うんか、オイ・・・汗)。

ちなみに紙粘土計画はボツです・・・(トホホ)。
[PR]
バトリング大会の締切まで、とうとう1ヶ月を切りました。気持ちは焦りますが、今少し手が止まっています。問題はベースに使用する素材。いかにリアルに、そしていかに軽く、強く・・・。

今回のジオラマのシチュエーションは“地下鉄”で行きます。

b0105855_23531244.jpg


まあ漫画でいうネーム状態なんで、完成後は全く印象の違うものになると思いますけど。これでAT6体。あと2体追加しますが、座りよく10体でもよかったかな。まあ時間的に(精神的にも)全く余裕はありませんので、現行の数で上手くやります。

b0105855_2358689.jpg

b0105855_23584342.jpg

今回のボックスは、前面と側面(左側のみ)がオープンします。作品としては正面から見た構図に集中すればいいんですが、撮影時にはボックスが展開する箇所が多くあった方が、別方向からの撮影はもちろん、採光に関しても有利なことが多いので、強度に気をつけながら展開ギミックをつけておきます。

それぞれの板に、何とかって言う強力な磁石を埋め込んでいるので、意図的に展開しようと思わない限り、箱がバラけることはありません。さらに天板もつなぎに利用するので強度は十分ですが・・・。

b0105855_012473.jpg

接続穴を開けている時に割れました・・・。時間的ロスも痛いですが、何よりも経済的にキツイっす。天板にはアクリル板を使用します。ボックス上面からの採光の為でもありますが、地下鉄構内天井のスラブ内の配線や配管、ダクトを上から見られるようにしようかと考えています。コンテストのみを考えればいらない作業ですが、シャドーボックスとしての完成度を考えた時、こういうサービスショット的なレイアウトがあった方が、断然楽しい作品になると思いまして。まあ最終的にやるかやらんかは分かりませんけど。

b0105855_0194612.jpg


今回参考にする駅は、堺筋線の日本橋です。再現ではなくて参考です。この駅じゃあ天井が低すぎますので。

b0105855_0231250.jpg

壁面のタイルはプラ板でいきます。縦3mm、横2mmで、まあOKでしょう。悩みは天井のボードにどんな素材をしようするか・・・。

b0105855_027134.jpgこれは工事中の天六(天神橋筋六丁目)の天井を携帯で撮影したものですが、穴のあいた白いものが石膏ボードです。現物もかなり薄くてもろいものなんですが、スケールを縮尺すると・・・。

ほんとに1/48にしてしまうと、ぺらぺらの紙みたいになって、崩れた表現としては全く面白くありませんので、それなりに厚みをもたせるつもりですが、石膏では強度不足、プラ板やスチレンボードでは質感が違いすぎますし・・・。しばらく悩みましたが、薄く延ばした紙粘土でやってみることにします。割れに対しても少しは粘りがあるし、割った断面も、まあそれなりの質感はだしてくれるんじゃないかと思います。

こう書いてるうちに、天井ボードはプラ板でもいいような気がしてきました・・・(やっぱスケールを無視した厚みでいくと世界観を壊すんじゃないかしら。)。ま、すでに紙粘土は乾燥待ちに入ってますので、実際に設置してバランスを見て考えます。
[PR]
先日のコジマ塾でヨメさんが切り離してくれた指に、真鍮線を通し、表情をつけてスキマをアルパテで埋め、形状を整えてからモールドを復活させました。
b0105855_2354511.jpg

ロボットは顔が無表情なので(ロボコンやボスボロット等は別にして。)、指先の表情が命です。AGの平手は非常に出来がいいんですが、同時に2体以上並べるとなるとそれぞれの動きにあわせて表情付けしてやらないと・・・。面倒ですが、効果はバツグンですので、このままきっちりと仕上げていきます。
[PR]
行って来ました、コジマ塾。今回は20名を超える参加者での開催となり、大変盛り上がりました。参加者のみなさん、お疲れ様でした。

当日の自分の作業は、バトリング大会用のATの製作でしたが、終わってみると行った作業は、平手の指に表情をつけるために指、関節を全て切り離したことと、ビッグキャリーに弾痕をつけたのみ・・・(しかも指の切り離し作業は全てヨメの作業・・・)。

・・・かといって、手を動かさないかわりに他のみなさんとがっつり話をしたのかといえば、そうでもなく、挨拶にすら伺いに行かなかった方も多く、大変失礼を致しました。

当日のことを「じゃあ、自分は何をしてたんだ?」と自問してみると、これがまたよく思いだせんのです。ただ、完成品群はしっかりと見ましたので、たぶん、そこからいろいろとインスピレーションを受けて、頭ん中がどこかに飛んでいってしまい、手も口も動かさないという事態に陥ってしまったのではないかと推測しています・・・。

このような自分の体たらくのせいで、ますますバトリング大会参加への道が険しくなってしまいましたので、写真はそれなりに撮ってきたんですが、レポは申し訳ないのですが、断念します。さらに、大変失礼なんですが、挨拶回りも控えさせていただきます。ここは何卒コンテスト締切に追われるアマチュアモデラーの置かれた状況を察していただいて、お許しいただければ幸いです。

最後になりますが、今回、事前に「誰か数ヶ月前のアーマーモデリングを持ってきてくださいませんか?」とブログに書いていたところ、平助さんが、これに応えて下さいました(実際はアーマーモデリングではなくて、モデルグラフィックスだったようです。)。その場で見せてもらえたら十分だったのですが、何と持って帰っても構わないとのことでしたんで、お言葉に甘えさせていただきました(貸していただきました。)。ありがとうございました。また良い作品を製作して、ご覧いただけたら、と思います。

当日の様子の画像もなく、簡単で大変申し訳ないのですが、今回はこの辺で。また、機会があれば参加させていただきますので、その時はみなさん、宜しくお願いいたします。
[PR]
昨日、この日曜のコジマ塾に持っていくものを公表しましたが、一つ追加を。

オラザクやオラワッパ、バトリング大会に応募したプレゼンも持っていきます。写真応募コンテストで、人がどんなプレゼンを作成しているのかは、少なからず興味深いでしょうし、自分もここはこうした方がいいんじゃないかという意見をもらえたら、今後に活かせると思いますんで。まあHPにアップしてる内容と変わらないんで大したもんじゃないんですが。

そしてもしよかったら、プレゼンの資料をお持ちの方、是非見せていただきたいな~とも思います。

当日までにまた何か思い出したらさらに追加するかもです。では。
[PR]
この10/7(日)に迫りましたコジマ塾。今回、ポッキーさんにかなり早めに告知をしていただいていたにも関わらず、なかなか都合がつけられなかったんですが、締切間際に何とか滑り込み、遅刻ながら参加させていただくことになりました。

今回も主催者のコジマ大隊長、開催場所であるジョーシンキッズランドと交渉を進めていただいたポッキーさん、バナー製作のTakuyaさん、ポスター製作のカケヒ軍曹さんを始めとする、様々な人の下準備により、盛大に開催される運びとなりました。まずはこれらの方々に厚くお礼申し上げたいと思います。

さて、今回はフルタイムで参加出来ないということもそうなんですが、現在バトリング大会2007の追い込み(追い込まれ!?)にかかっていることもあり、通常コースで参加致します。

で、以前から考えていたんですが、塾に参加する時には、事前に持参品と予定作業内容を公表していこうかと思います。その方が、例えば、あらかじめある工具を持っていくと言っておけば、「その工具に乗っかって自分のパーツを作らせてもらおうかな~。」という人がいたら、お目当てのパーツを持参することが出来、より内容の濃い作業が展開できるのでは、と思います。まあ、こう言うても、大した工具も技術ももってないんで、どれだけ周りのみなさんに反応していただけるか分かりませんが・・・。

さらに図々しくも「誰かこれ持ってきて下さいませんかね~。」なんて事も言ってみようかと思います。もちろん、しらんぷりしていただいても全く構いませんので。

◎当日持参品

①過去作品・・・オラザク2007参加作品。オラザク参加といっても、ワンフェス終了後にサクッと製作したものですので・・・。今回これだけにしようかと思いましたが、初めてや遠方から参加の方も多いということですので、ボトムズのボックスも持っていこうかと思います。

②作業内容・・・アクティックギアの改造やディオラマに使用する小物の製作を行います。

③持参工具・・・ちょっと変り種としては“チョッパー”を持って行きます。以前、フリークショウさんが“チョッパー2”をもってきてらしたことがありましたが、それの旧型でちゃちいやつです。今後、改造して使用するつもりですが、まずはその粗悪さを見ていただいておこうかと。

◎希望品

どなたか、2~3ヶ月前のアーマーモデリングで“ボトムズ特集”が掲載されていた号を持ってる方、いらっしゃいませんか?雪中でATを使ってテントを張ったり、クメンっぽい森でATが朽ち果てているジオラマの作例があるものです。一度さらっと立ち読みして、後でいざ買おうと思ったら、どこにも売ってなくて・・・。本は少し重いんですが、よろしければ是非。


今回、技術や情報の交換をメインに希望を書いてみたりしましたが、この塾はあくまでもモデラー同士の交流の場であるという事は、常に念頭に置いておりますので、堅苦しくなるようでしたら、今後こういった事前公表や要求はとりやめます。まあ、まずは一度様子見で。

それでは参加者のみなさん、当日に。
[PR]