<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オラザクの締切まであと2週間となりました。今回は第10回目という節目の回ということで、いつもにも増して盛り上がりそうな予感がしているんですが、製作の方はまあぼちぼちという感じで「今年はやるでぇ~」という気合(気負い!?)のようなものは特に・・・。きっとコジマ塾などで、現物を人に見てもらう機会が増えたこともその要因になっていると思います。

年始に今年の目標を立てた時には今年のオラザクは3部門で出場する予定だったんですが、ワンフェスの絡みもあり、“ディオラマ部門”は早々にアウト(これが一番出たかった!)。そしてつい先日まで頑張っていた“塗装部門”も諦めました。最後の砦は“Gコレ部門”。

・・・とは言っても、いざGコレで作品を作ろうとしてもこれがなかなか難しいです。わざわざ“Gコレ”という指定があるからには、やっぱりその特性を活かした作品を作りたいと思うのですが、僕の腕では単体を作りこんだとしても「Gコレにしては頑張ったな。けどスケール物にはやっぱり全く及ばないな。」という程度のものしかできませんし、見る人が思わずウケてしまうようなネタを思いつくセンスもない。スケール物では出来ない巨大なジオラマを作るにしても、いや、そもそもそんな時間があるならジオラマ部門に参加します。

悩んだ挙句(悩んでるヒマなどないのですが)、結局単体にベースをつけるスタンダードな手法で製作したものでいくことにしました。で、選んだMSはコイツ。

b0105855_21224117.jpg
ベースの上に単体、というのはどんなポーズやベースをつけても、どうしてもドラマ性が弱くなってしまうんですが、Gコレらしく小さくまとめたいんで、中途半端な大きさになるよりはと割り切ります。

なぜこのMSかというと、単にドダイに乗るからです。単体でも、ドダイに乗せれば派手なアクションポーズが決まりますし、見る人に受け入れられやすいシチュエーションを描くことも容易です。「うん、これはいいぞ。」と思っていたんですが・・・。

b0105855_21343052.jpg
「コレ、どうやっていじるの?」

現物を見るとかなり良くできているんですが、オラザクは写真審査。撮影し、大きくしてみるとこんな感じだったとは・・・(汗)。

まず、ポーズを変更するには胴体から全てのパーツを切り離し、関節はもちろん、パーツそのものを完全なものにしなければなりません。けど、そのスケールゆえに、この作業はそれほど手間ではありませんでした。で、大まかに形を出し終えたものがこちら。

b0105855_21423959.jpg
自分の中ではドダイが45°ぐらい傾いているイメージで全体に手を入れたんですが、ドダイが水平な状態のこの画像で特に違和感が感じられないということは、ドダイを傾けたらポージングが破綻するということか・・・。

b0105855_21452352.jpg
Gコレは〝ゴム素材〟なんで、加工や表面処理がしにくいんですが、パテやプラ板その他の使用は必要最小限にして、出来るだけ本体の素材をそのまんま使用しています。

結果、エッジ出しにえらく苦労し、苦労した割には成果が出ないという憂き目にあっています。パーツをレジンに置き換えればシャープなものが出来るんですが、それでは〝Gコレ部門〟では無くてただの〝小スケールモデル〟になってしまうのではないかと思います。この点はプレゼンでもがっちりアピールしようと思うところですが、「原型がGコレならそれは紛れも無くGコレ。」という判断で査定されるとなれば、パテやレジンにゴム素材はかないませんので、この工作は残念ながら失敗です。さて、どうなることやら・・・。

ほんとは今作ってるこれ、完成後に普通にアップやその他の画像をのっけて、〝カンプラ部門〟?〝ジオラマ部門〟?と思わせておいて、最後に比較物を置いた画像で「実はコレ、Gコレなんですよ。」というのがやりたかったんですが、今日サフ吹き後に撮影したら、やっぱり表面処理がえらいことになってたんで、そのもくろみを諦め、先にアップすることにしました。

次のアップは完成後になると思います、って言うか間違いなくそうなります。締切まであとわずか。最後まで手を尽くして頑張ります!!
[PR]
行って来ました、東京ビッグサイト。

b0105855_058339.jpg
看板にあるように、今年はエヴァが再び劇場公開されることもあり、メーカーブースでもエヴァグッズが多く見られました。

で、今回のワンフェスで今までと一番違うところは、ディーラーとして参加すること。前日に会場入りして準備をしましたが、やることなすこと全てが手探り状態。持参していったテーブルにかける白布がしわくちゃだったり、展示台にかける布を固定するピンがなかったり、その他足りないものがたくさん・・・。

前日の準備段階からかなり賑わうのかと思いきや特にそうではなく、すごく凝った展示方法や、商品数がべらぼうに多いブース以外は、当日の朝にサクっと準備されてました。みなさんさすが、手慣れてます。当然僕らのブースぐらいの作りなら、当日の朝にサクっとで十分な規模ですね。

b0105855_1171059.jpg
今回は、製作したものを並べる卓と、もう使わないプラモやフィギュアなどを置く卓で、2つ分のブースを借りました。

b0105855_1946156.jpgb0105855_19471597.jpg
レイアウトは上の画像のように左が完成見本、右に商品という形にしました。ボトムズ関連の商品を取扱うも初参加、しかも事前の宣伝も全くなしに近かったんで、名刺代わりにバトリング大会2006でまぐれ受賞した作品もあわせて展示しました。幸いなことに何人もの人に「これ見たことあるよ。」と声を掛けていただきましたが、それと商品が売れるかということは全くの別もの。

そりゃそうです。ここはコンテスト会場ではなくて、製品の販売、展示をするところ。みなさん自作の製品ですが、それは全て商品レベルのもの。あるコンテストの結果どうこうなどはへのつっぱりにもなりません。ですが、ジオラマの展示品は大手メーカーブースのショーケースぐらいにしかありませんので、多くの人がめずらしそうに足を止めて下さいました。ドッグキャリアー部隊のジオラマもがんばりゃよかったですね。

しばらくするとネット上でよくボトムズ関連の話をさせていただく赤鼻のキムさんが我々のブースをたずねて下さり、しばし席を外してたくさんお話させていただきました。内容は割愛しますが、次回出品作について話していた折に、「造型やモールドが甘くなる製法でしか型が抜けないものは商品にしにくい。」ということを話しますと、「売り手はユーザーを甘やかしちゃあいかん、そんなものは自分の手で直すもんだ。」という金言をいただきまして、帰りの車中でその話をし、メンバー一同で爆笑しました。ペンダントも購入していただき、本当にお世話になりました。今後ともどうぞ我々をお導き下さいませ(笑)。


ところで今回持参した商品、ドッグキャリアー×20とレッドショルダー部隊マークペンダント×15ですが、何とドッグキャリアーが9個、ペンダントが3個売れました。初参加で20と15という数は売れ残りを無視したかなり思い切った数だったんですが(初参加なんで損得抜きで景気よく!)、予想外の結果に驚いています。

ですが、実際に自分の作った商品を買ってくださる人と話をしていると、目標売り上げ個数を立てることなどが、いかにくだらないことかということを思い知りました。いや~、みなさん、ほんっとにいい顔をして商品を買って下さいます。ただ黙ってお金だけを出す人などはいませんでした。みなさん、商品を受け取る際には、

「ドッグキャリアーめちゃくちゃ好きなんですよ。」とか、
「AGが上手くおさまってますね、自分もこれ作ろうとしたことがあるんで苦労は分かりますよ。」
「これ、待ってたんですよ。タカラトミーさんがなかなか出してくれないんで。」
「ペンダント、(手作りなんで)みんな形がちょっと違うの?まよっちゃうなあ。」

というように、必ず声を掛けて下さり、満面の笑みでその場を去っていかれました。これには嬉しいを通り越して感動すら覚えました。商品を購入していただきました皆様、本当に有難うございました。

我々のお隣のブースは、普段から版権物を販売している企業さんだそうで、ワンフェス限定物を販売しに来られていましたが(そこら中にそういうブースがたくさん、なんて恐ろしい会場・・・。)、そこに来ていた方達はみんな、万札を何枚も出して商品を受け取ると「有難うございます!」と言いながら笑顔で去っていきました。

それを見て「ああ、ここはこういう場所なんだな。」とつくづく実感しました。模型をはじめとする造型物を高いレベルで製作する秘訣は、モチベーションを高く維持し続けることだとすると、錯覚かもしれませんが、この1日だけでかなりのレベルアップが見込めたのではないかと思います。


今回のワンフェスはあっという間に時間が過ぎ、あまりゆっくりと会場を見てまわる暇がありませんでしたが、自分が見てきたものを少し。

b0105855_21171896.jpg
僕も予約しているリボルテックのよつばちゃん。いろんなポーズのものが山ほど置いてありましたが、ポーズ、小道具共に申し分なく、発売日が待ち遠しいです。画像は11月発売予定の風香(固定モデル)とからんだものですが、さすがに風香の表情、ポーズともに不自然(笑)。なんでリボルテックシリーズで発売しないんでろう・・・、と考えてましたらとなりにダンボー。よつばとリボルテックシリーズの第2弾はこのダンボーだとか。このチョイス、何で?

b0105855_21254781.jpg
ウェーブのスコープドッグの新規パーツ。ペールゼンファイルズ版とありました。上腕の下部(肘に近い部分)が絞ってあるデザインはあまり好みではないんですが(まあ設定画ではがっちりそうなってるんで文句の言いようもありません。)、ウェーブのキット、大好きなんでやっぱり欲しいなあ。

b0105855_21312521.jpg
降下ポッドを使用したジオラマ。商品を使ってジオラマを作るのは、作品の世界観をイメージしやすくてとても良いPRになると思いました。ただ、ジオラマ特有のダメージ表現や塗装などで、商品のイメージから外れてしまってはいけないので、アクティックギアをまんま使用しているところが少し物足りませんでしたが、難しいところですね。

その他、興味深いものはたくさんあったんですが、撮影禁止や人ごみ、疲労などで写真を撮れませんでした・・・。結局トラックヤード(コスプレ会場)にも行けずじまい。井上広報が、
「スク水にランドセルがいましたで(笑)。」と言っていたんですが、その思い切った組み合わせ、見たかったなあ。

今回、ワンフェス当日を迎えるまでは、正直苦痛を覚えることもしばしばでしたが、これは是非とも続けていきたいです。とりあえずは来年の夏、と話し合ってましたが、この冬、何とか新作頑張ろうかなあ。
[PR]
ディーラーとして初参加のワンフェスも、いよいよこの日曜となりました。今日、商品の梱包も終え、何とか販売できる形にはなりました。
b0105855_0132997.jpg
b0105855_0134077.jpg

商品はもうダンボールに入れ込んでしまいましたんで、これは実行委員会への提出用商品サンプルですが、販売個数は左の1/48ドッグキャリアーが20、右のレッドショルダー部隊マークペンダントが15です。ここまで辿り着いただけで結構満足してしまってるところが情けないですが、まあ何事も“初めて”というのは難しいもの。まだ本番を迎えてませんが、すでに反省点は山ほど出ているんで、これを次回に活かすことが出来ればOKです。

で、当日展示する完成見本に乗るAGの塗装が終わり、工作の方も全ての準備を終えました。・・・言うてもまたしても塗装は宴会部長ですが・・・(ホンマこの度は何とお礼を申し上げてよろしいのやら・・・。)。

b0105855_026356.jpg
う~む、やはりATあってのドッグキャリアー。搭乗させなくても、となりに立たせるだけでなかなか良い雰囲気が・・・、いや、8割方自己満足なんでしょうけど・・・。

b0105855_029563.jpg
う~む、乗せてもさらに良い雰囲気ですよ。いや、まあ9割方自己満足ですけど。

今回のワンフェスは開始から終了までずっと会場内にいることになるんで、今までよりもっとうろうろしたり、適当に買い物したり(限定モノとかは絶対購入不可能ですけど。)、ほかの一般ディーラーさんの商品やディスプレイなどを勉強させてもらったり、ワンフェスをじっくり楽しんでこようと思います。
[PR]
ワンフェスまであと1週間をきりました。ようやく商品の数も揃いましたが、今はパッケージや取説の作成など相変わらずバタバタです。

今回の参加は「参加することに意義がある!」というものですが、やっぱり一つでも売れると嬉しいので、商品を製作し終わった今、自分達に出来ることはできるだけかっこいい完成品を展示して、商品をアピールすることです。

当初の計画は、前回アップした完成品+塗装済AGと塗装バリエーション3機、AGとドッグキャリアー3機ずつを用いたジオラマを持っていくはずだったのですが・・・。

時間的にジオラマはアウト。けど、最初の2つは何とかなりそうです。

b0105855_1113753.jpg
組立と表面処理、汚し&ウォッシングは自分がやりましたが、またしても塗装は宴会部長にお願いしました(毎度毎度スミマセン・・・)。

全てオリジナルカラーですが、左からメルキア軍仕様、砂漠使用、雪上仕様です。以下に単品の画像をアップしますが、汚しは何時間かで3機おこなった分、かなりやっつけですので(全部自分の仕事やん!:汗)細かいツッコミはなしでお願いします~。

b0105855_1154679.jpg
まずはメルキア軍仕様。本編では、スタイガーしか出てきませんでしたが、あればこんな感じかと。3機のうちで最初に塗ったものなんで、塗装ハゲと錆で2色使用するなど、まだ元気があります。

b0105855_1242652.jpg
続いて砂漠仕様。実際に設定でも砂漠での作戦に使用されたという記述がありますが、あればこんな感じかと。ブラウンのウォシングでトーンを一つ落としているんですが、また落とし足りませんね。もっと過激に汚して、搭乗時にはマシンを蹴り上げないと起動しない、というような感じにした方がもっと雰囲気が出たかもしれません。

b0105855_1321991.jpg
最後に雪上仕様。砂漠があるんなら、当然雪も・・・と考えましたが、ドッグキャリアー本体やATの重量を考えたら、雪上で使用できるんだろうか・・・。けど、スノーモービルは結構な重量なのに雪上を軽快に走ってるぞ、ということでアリにして下さい。

これらのバリーションを用いてジオラマを製作したら楽しそう。ただ、今回の完成品、同系カラーのATが横にいたらもっと楽しい絵になったのになあ。
[PR]