カテゴリ:オラザク2007( 2 )

 昨日、9/3の消印でオラザクに写真を投稿しました。参加部門は“ディオラマ部門”・・・。
一昨日、プレゼンを製作し、参加用紙に必要事項を記入している時、参加部門にマルをつけようとしたら、ふと違和感を感じました。

 ん?“ガンプラコレクション部門”!?Gコレって“ガンダムコレクション”とちゃうかったっけ?

 そう思い、部門内容を確認すると、“ガンプラコレクション部門”・・・『往年のガンプラをハーフサイズに~~~新設部門です。』


 うぉいっ!Gコレ部門、なくなってるやん!!!


 まあしっかり確認せんかった自分もなんなんですが、Gコレ部門で行きますと公表した後、誰にも「Gコレないよ。」とつっこまれなかった自分に、ヨメの「あんた友達おらんのちゃうん。」というつっこみがさらに追い打ちをかけます・・・(汗&涙)。

 ・・・しゃーない、Gコレ部門がなくなってても、何か別の部門でエントリーしよか・・・。けど、自分が作ったのはヴィネットだし、ディオラマ部門にしちゃあ工作もドラマ性も及ばないな・・・。ガンプラ部門・・・・は、ないよな、やっぱり。ん~、やっぱりディオラマ部門か。

 ただ、ディオラマ部門は去年、審査員の一人に、「ディオラマはディスプレイベースではない。」ってなことを言われてんだよなあ。自分のはしっかり世界観を盛り込んだつもりなんだけど、単体にベースってのは弱いよな、やっぱり。

 え~い、うだうだ悩んだって仕方が無い。他にエントリーできるところがないんですもの。このままディオラマ部門にマルをつけちまえぃ!

 と半ばやけっぱちでのエントリーでしたが、作品自体は満足のいくものが出来ましたし、プレゼンを郵便局に出しに行ってくれたり、たびたび作業を手伝ってくれたりしたヨメのことを考えると、2年連続でオラザクにエントリーできたことに幸せを感じます。今回も良い記念になりました。

 ・・・とすっかりクーリングダウンしたところで今回エントリーした作品の一部をご覧下さいませ。



               作品名  「薄暮に翔る」
b0105855_1138155.jpg
◎設定
 ジャブロー攻略戦に失敗し、ソロモンまで焼かれたジオン軍。敗色濃厚というよりは、いつ戦争が終わってもおかしくないという状況の中、夕暮れの空に舞う1機のモビルスーツ。
 この薄暮の森と同様に、黄昏時を迎えたジオンと己の人生を悟り、“勝利”も“栄光”もすて、ただ漢の意地と誇りをかけ、単身、敵地の空を翔る。

b0105855_11451176.jpg
 撮影はホワイトバランスを調整せずに、白熱灯を使用して夕暮れ時を演出しました。自分では「これは夕暮れ時なんだ!」と思って撮影してますので、そう見えるんですが、他の人の目にはどう映りますか心配です。

 今回の工作の大きなポイントは、グフ本体の動力パイプ等もそうなんですが、3ヶ所に設置した電飾ギミックです。モノアイはファイバー線で、ドダイのコクピットはグリーンのLED,主翼にはチップLEDをいれてます。ちなみに主翼のLEDにはLEDフラッシャーICを回路に接続し、両翼同時に1秒間隔で点滅し、航空機らしさを演出しています(撮影時にはICを回路から外し、常時点灯させています。)。

b0105855_115845100.jpg
 Gコレ本体との比較写真。

b0105855_11593964.jpg
 作品の大きさイメージです。メインの写真その他で、オーバースケールに見てもらえたら、今回の作品は成功です。

b0105855_1215658.jpg
 デカール、塗装ハゲ、サビは、現物が小さいだけに、写真で拡大された時に、大味になってしまわないように気をつけました。

b0105855_126215.jpg
 バックパックのデカールは少し大きかったかな?特に世界観からの視点で見て。

b0105855_128496.jpg
 電飾のスイッチと電池は、ベースの後ろに扉を設け、ベースの中に設置しています。

 今回の作品は、ただ勇猛なだけでなく、勇ましい中にも哀愁の漂う絵を描きたくて、夕暮れの中に単機で攻め入るというシチュエーションを選択しました(夕暮れに飛ぶ鳥に哀愁を感じる人は多いと思われますので、共感が得られやすいのでは、と考えました。)。

 単体ではドラマ性を演出しにくいというリスクはあるのですが、本体にGコレを使用してしますので、そのスケールの特性を活かして、出来るだけ小さなベースに収めたいという思いから、何とか単体でも絵になるものを、と絞り出したシーンです。

 日没が近いというシチュエーションを更に盛り上げるために設置した電飾ギミックですが、良い効果が得られたのではないかと思います。使い方によっては少し子供っぽいと言われがちな電飾ですが、上手く取り入れれば優れた塗装表現にも勝るとも劣らない効果をもたらす可能性があるのでは、とも思いましたので、今後ともただ光らせる事が目的なのではなく、作品の世界観を第3者に上手く伝える有効な手段としての電飾を追求していきたいと思います。

 長くなりましたが、今回はこの辺で。では~
[PR]
オラザクの締切まであと2週間となりました。今回は第10回目という節目の回ということで、いつもにも増して盛り上がりそうな予感がしているんですが、製作の方はまあぼちぼちという感じで「今年はやるでぇ~」という気合(気負い!?)のようなものは特に・・・。きっとコジマ塾などで、現物を人に見てもらう機会が増えたこともその要因になっていると思います。

年始に今年の目標を立てた時には今年のオラザクは3部門で出場する予定だったんですが、ワンフェスの絡みもあり、“ディオラマ部門”は早々にアウト(これが一番出たかった!)。そしてつい先日まで頑張っていた“塗装部門”も諦めました。最後の砦は“Gコレ部門”。

・・・とは言っても、いざGコレで作品を作ろうとしてもこれがなかなか難しいです。わざわざ“Gコレ”という指定があるからには、やっぱりその特性を活かした作品を作りたいと思うのですが、僕の腕では単体を作りこんだとしても「Gコレにしては頑張ったな。けどスケール物にはやっぱり全く及ばないな。」という程度のものしかできませんし、見る人が思わずウケてしまうようなネタを思いつくセンスもない。スケール物では出来ない巨大なジオラマを作るにしても、いや、そもそもそんな時間があるならジオラマ部門に参加します。

悩んだ挙句(悩んでるヒマなどないのですが)、結局単体にベースをつけるスタンダードな手法で製作したものでいくことにしました。で、選んだMSはコイツ。

b0105855_21224117.jpg
ベースの上に単体、というのはどんなポーズやベースをつけても、どうしてもドラマ性が弱くなってしまうんですが、Gコレらしく小さくまとめたいんで、中途半端な大きさになるよりはと割り切ります。

なぜこのMSかというと、単にドダイに乗るからです。単体でも、ドダイに乗せれば派手なアクションポーズが決まりますし、見る人に受け入れられやすいシチュエーションを描くことも容易です。「うん、これはいいぞ。」と思っていたんですが・・・。

b0105855_21343052.jpg
「コレ、どうやっていじるの?」

現物を見るとかなり良くできているんですが、オラザクは写真審査。撮影し、大きくしてみるとこんな感じだったとは・・・(汗)。

まず、ポーズを変更するには胴体から全てのパーツを切り離し、関節はもちろん、パーツそのものを完全なものにしなければなりません。けど、そのスケールゆえに、この作業はそれほど手間ではありませんでした。で、大まかに形を出し終えたものがこちら。

b0105855_21423959.jpg
自分の中ではドダイが45°ぐらい傾いているイメージで全体に手を入れたんですが、ドダイが水平な状態のこの画像で特に違和感が感じられないということは、ドダイを傾けたらポージングが破綻するということか・・・。

b0105855_21452352.jpg
Gコレは〝ゴム素材〟なんで、加工や表面処理がしにくいんですが、パテやプラ板その他の使用は必要最小限にして、出来るだけ本体の素材をそのまんま使用しています。

結果、エッジ出しにえらく苦労し、苦労した割には成果が出ないという憂き目にあっています。パーツをレジンに置き換えればシャープなものが出来るんですが、それでは〝Gコレ部門〟では無くてただの〝小スケールモデル〟になってしまうのではないかと思います。この点はプレゼンでもがっちりアピールしようと思うところですが、「原型がGコレならそれは紛れも無くGコレ。」という判断で査定されるとなれば、パテやレジンにゴム素材はかないませんので、この工作は残念ながら失敗です。さて、どうなることやら・・・。

ほんとは今作ってるこれ、完成後に普通にアップやその他の画像をのっけて、〝カンプラ部門〟?〝ジオラマ部門〟?と思わせておいて、最後に比較物を置いた画像で「実はコレ、Gコレなんですよ。」というのがやりたかったんですが、今日サフ吹き後に撮影したら、やっぱり表面処理がえらいことになってたんで、そのもくろみを諦め、先にアップすることにしました。

次のアップは完成後になると思います、って言うか間違いなくそうなります。締切まであとわずか。最後まで手を尽くして頑張ります!!
[PR]