カテゴリ:日常生活( 30 )

 最近よくミニカーを買ってます。なかなか模型製作の時間を取れないでいる中、安価で出来の良い完成品がしかも数多くの種類が販売されている為、つい手が伸びてしまいます。

 安価で出来の良い完成品が数多く販売されているのは何もミニカーに限ったことではありませんが、金属で出来ているということに自分自身がフィギュアよりも高い満足感を得ているのではないかと思っています。

 私は幼稚園の頃にスーパーカーブームを体験したおっさんなので、70年代のスーパーカーには特別な思い入れがありますが、大人の趣味としてミニカーを収集するには費用がいくらあっても足りませんので、“子供用に”という名目でトミカ限定という縛りをかけています(1台1,000円以下のプレミアムトミカまではセーフとしています。)。

 そんな中少し変わったものに手を出してしまったのがこちらのドリームトミカ。
b0105855_22061152.jpg
b0105855_22061806.jpg
 
 う~んよくできている。

 普段、普通のトミカはただバラッとおもちゃ箱に入れっぱなしで、日々遊んでいるのでそれなりに傷がついていっているのですが、こういう顔のついたものは何となくそれじゃああかんような気がしたので、ディスプレイケースに入れることにしました。

 まずはリラックマ。
b0105855_22013889.jpg
 
 百均で買ったディスプレイケースに鉄道模型用の芝を敷き、ネットでダウンロードした空の画像をプリントアウトしたものをケースの後ろ側に張り付けました。

 後ろはこんな感じ。
b0105855_22040189.jpg
 
 上から。
b0105855_22041026.jpg
 
 ケースを外して。
b0105855_22042195.jpg
 
 製作時間は30分程度でしょうか。なかなか良い雰囲気ですよ。

 続いてすみっこぐらし。
b0105855_22051083.jpg
 
 5ミリ厚のMDF板をケースの中心で少し角度をつけ、家と同じ壁紙を貼りました。
b0105855_22054120.jpg
 
 後ろは百均の木目シートを貼りました。そして上から。
b0105855_22055300.jpg
 
 部屋のすみっこにかたまるということで、本当は90度の角度をつけるべきなんでしょうが、ディスプレイケースの大きさはこれがミニカーの展示に一番良い大きさだったので、そこは妥協しました。
b0105855_22060384.jpg
 
 最初は壁には何にも貼ってなかったのですが、真っ白な壁だと何にも面白いところがなかったのでカレンダーと時計を貼りました。画像はインターネットから。

 後ろの壁を仮組みした時、窓をくり抜いて壁の裏側は木目シートでなく家の外壁風にしようかとも思ったのですが、あまり構想をふくらませて「また今度時間ができた時に・・・」なんてことになったらあかんと思って、まずは完成させることを目標にしました。製作時間ですが、こんなもんでも1時間程度はかかったでしょうか・・・。ちなみに床は以前手芸店で購入した布の端切れでカーペットぽいものを選んで貼りつけています。

 今回作ったケースは特に製作物と言えるようなものではありませんが、久しぶりに何かものを作ることの楽しさを十分に味わうことができました。

 こいつはまだ何にもしてないんですが、どうやって仕上げようかしら。。。
b0105855_22062677.jpg

[PR]
 ・・・リアルに年一更新になってきました。ほんとにもう、一年たつのがはやいことはやいこと。
b0105855_18502949.jpg
 先日のクリスマス、3歳になったばかりの息子のところに来たサンタクロースからのプレゼント(左)と私からのプレゼント。
 わあ、偶然にも70年代スーパーカーブーム時代の名車ばかりw 息子も例にもれず車、電車、飛行機などの車両に取りつかれており、何を与えれば喜ぶのかということに迷いはないのですが、電車はレールを引く場所がないし飛行機はあまり利用しないから何だかピントこない。なら車か、ということですが、最近のスーパーカー(そもそも今、フェラーリやランボールギーニをこう言うのか!?)は何かごちゃごちゃしたやつばっかりであんまりかっこいい車がないなあと思い、気づいたらかつての名車を検索してたという訳で。
 “おっさん、ロボットだけじゃなく車まで70年代信者かよ!”と言われそうですが、もう自分でも何が何だかわかりませんわ。息子がもう少し大きくなったら色々最新マシンとの比較評価を聞いてみたいところですが、自分がチビの頃のことを考えると最高速度が最も速いものとか馬力が一番あるやつとか、デザインじゃなくて大半スペックで優劣を決定していたような・・・。なら昔の車は勝ち目ありませんな。
[PR]
 前回アップしてからきっかり一年。Twitterとかしてるわけでなく、単にずっとサボってるだけなんですが、色々とやめてはおりませんよ。

 けど一番さわったのはこれ。
b0105855_18253591.jpg

 安い部品ばかりをちょこちょこと替えたりつけたりしてます。リアのフェンダーレスは前のやつからしてなくて、すごく格好はいいんだけど、雨の日とか跳ね上がりがどうなんだろうと思うのと自分の年齢を考えておとなしくしておこうと。まあリアボックスを常備している時点でおっさん仕様なんですが。

 マフラーも替えたいんだけれど安いのでも3万ぐらいするしちと厳しいですなあ。

 模型製作の方は今、1/48のインステッドにとりかかっております。夏のワンフェスに出したいと思ってるんですが、最近思ってるばっかりでいっこも結果を残してないんで、しっかりと作り上げて卓に並べたいと思います。
[PR]
 もう12月31日ですか。30半ばを超えてからの1年の過ぎる速さといったら尋常じゃないですわ・・・。

 本来はソルティック頭部完成!というような記事をアップしたいのですが、こちらはあとコクピット内とキャノピーという状況で。この正月休みには何とかできるかな~。

 先日、衝動買いに近い形でバイクを買い換えました。
b0105855_1944714.jpg
 手前が今まで乗ってたカワサキのDトラッカー、もといスズキの250SBで。下取りのためにノーマルのパーツを残していたものについてはノーマルに戻しました。12年と半年ほど乗りましたが乗りやすいいいバイクでした。後ろがこれからの相方、カワサキのDトラッカーX。今回はさすがに中古です。

b0105855_1957947.jpg

 ノーマルの形としてはどの部分をとっても旧型の方が好きかな~。けど全く同じ車種へ乗り換えるほどの愛好家でもありませんので。・・・と言いつつ後継機にしたのは、やっぱりこの車種、好きなんですよね。

b0105855_2011140.jpg

 今の自分の乗りようからすれば125ccで十分すぎるんで、同じ250ccに乗り換えられただけで嫁には感謝の言葉もないほどですが、こうして見ているといろいろと手を入れたい部分が・・・。

 んー、来年も頑張って働こう。
[PR]
 今日は十五夜。毎年月見だんごは食ってるけど、今年はあんまり見事な月なんで思わず写真をとりましたわい。
b0105855_21301160.jpg
 色んなシャッター速度で試したけど、このぐらいが一番月っぽいかな、と。ちなみにシャッター速度が1/400、絞りが7.1。ホワイトバランスがオートのままだったんでちょいと白っぽいかな。

b0105855_2133142.jpg
 これでシャッター速度1/500、絞り8、ホワイトバランスが太陽光で。

 写真がへたなんはあるけども、月はやっぱり肉眼で見るのが一番きれいですな。
[PR]
 先月31日に納車となりました。

 手前がこれまでの愛機、もとい愛車。隣が次の相方で。

b0105855_22522369.jpg


 20年強も乗っているとさすがに名残惜しいもので、最後にパチパチと写真を撮ってしまいました。遠出には若干しんどいところもありましたが、乗りやすくていい車でした。学生時代には短期バイトで稼いだ金をほとんど車につぎ込んだりしましたが、今回はさすがにそんな余分な金はありませんなあ。
[PR]
 ブログを更新しても広告が消えんのでどうしたことかと調べてみたら、「広告消したきゃ毎月250円払え」ときたもんだ。
 わしゃ払わんぞ。
[PR]
 更新が滞りましたが、その間ほぼ進まずです・・・。決して飽きた訳ではありませんよw なかなかうまく時間を作る事ができませんで。



 先日ブログの中で“ラムちゃんとかメジャーな作品で、かつ思い入れのあるキャラでは完成しない”というような趣旨のことをかいたんですが、「そういえばウチにいくつかキットがあったな。」と実家に立ち寄りましてごそごそと。

b0105855_6565471.jpg

 ありましたね。3種類。中学生当時、近所の“フレンド”という模型屋で全4種類購入しましたが(この3種は10年ほど前に買いなおしたもの)、購入時に店のおばちゃんから「男の子やのにこんなん作んの。」などと言われながら買った記憶が。よく「昔は他人同士のコミュニケーションが密でよかった。おせっかいはいいことだ。現在は人間関係が希薄でいかん。」などと言われますが、当時は心の底から「放っといてくれ!」と思ったもんでしたw 小さな店でしたがガンプラブーム時には店の外まで子供があふれていたその店もとっくの昔につぶれてしまいました。街の模型屋には量販店には売っていない面白いプラモが並んでいたりしたので、こういった店がなくなっていくのは残念です。


 で、中1の時にこれらを作りましたが、学校行ってる間にツクダホビー製のラーラさんと一緒にオカンに葬られてしまいました・・・。

 当時からあるところにはあったんでしょうが、一般にフィギュアのようなものは全く普及していなくて、ということを抜きにしても息子の部屋に女の子の人形が置いてあることに母親が危機感を抱いたとしても、今となってはまあ分からなくもないですわ。


 それにしても勝手に捨てるか!?オカンにはべったん(メンコ)から始まって数々のお宝を勝手にほられました(捨てられました)が、中でも一番怒り狂ったのが映画のパンフレット。昔は1部350円ぐらいで映画のあらすじや製作エピソードのみが掲載されたシンプルなものでした。当時の映画館は現在のシネコンのように座席予約&1回ごとに完全入替ではなく、早くから行って並ばなければならなかったので、その並んでる間にパンフレットを読んでから映画を鑑賞したので、かなり深く楽しめました。こういうのは結構大事で、テレビでも淀川長治さんや水野晴夫さんの映画解説があった時の方がよりその作品を楽しめたと思うんですがね。・・・にしても70~80年代の映画のパンフレットダンボール2箱分程度・・・。今持ち合せていたら、値がつくとかそんなんじゃなくて、自分史においてかなり貴重なお宝になっていたに違いない。う~ん、ホンマ残念。



 話があちこちに飛んでよく分からない文章になってきましたが、ラムちゃんのキットは全4種。すわりよくセーラー服のラムちゃんをもう一度買い戻したろうかな、とヤフオクを見ていたら、キットよりも思い入れが深いもんを見つけてしまい、そちらを購入してしまいました。


b0105855_7302440.jpg


 少年サンデーグラフィック、うる星やつら全冊。中学の時買いあさったうる星グッズは高校の時自らの手で処分してしまったんですが、このサンデーグラフィックもその1つ。当時は初めの方に発売されたものはいくつか歯抜けだったんで、ようやく全ての号を見る事ができました。う~ん、なつかしい。


 しかし、20~30年なんてあっという間。小~高校ぐらいの年齢では何かに劇的にはまって、ある日突然我に返るなんてことを繰り返すと思うんですが、その我に帰った時に、ゴミ箱でなく天井裏や物置にお宝を眠らせてやった方がいいですよ、なんてここでは誰の為にもならんアドバイスですが、その通りでしょう?w
[PR]
 今回はほとんど準備にも参加することなく(宴会、広報ごめんね~)、何の努力もしないのにWF会場につれてってもらうというおいしいポジションにいたんですが、前日にはしゃぎすぎて当日は結局いつものように途切れ途切れの意識の中、なんとかそこにいるという状態になってしまいました・・・。


 さてわがブースの結果はといいますと、今回は結構な赤になってしまいました。冬は新幹線を利用するので、3人分の交通費だけで結構な額になってしまいます。なのでその辺りの腹はくくって行っていますから、経費に関しての悩みなんてものはそんなにないのですが、申請数に関してはやっぱりなかなかむずかしいものです。


 僕はディーラーとしてWFに参加することにしてから、販売したアイテムが1個売れ残るのが最高だと思って申請数を考えてきましたし、これからもそのスタンスは変えなくてもいいと思ってます。


 クソ寒い、あるいはクソ暑い中並んで並んでやっとのこと会場入りしてお目当てのディーラーに行くと冷たく書きなぐられた「完売」の2文字・・・。経験ある人多いと思いますけどやってられませんわなあ。特に強い購入目的がなければ会場の空気そのものを楽しむということも出来なくはないですが、関東圏の方ならいざ知らず、遠く地方から足を運んで結果がでんかった時のつらさ・・・。


 確かに、ディーラーとして自分の持ち込んだアイテムを完売させることにより得られる満足感は、他のどんな喜びに勝るとも劣らないものがありますが、せっかくブースに来てくれた人に「もうなくなっちゃったのかあ」といわれたときの申し訳なさといったら・・・。


 だから1個余らすのがいい、と思っているんですが(余らせすぎたら赤の額が増すばかりなんで・・・)、それがま~あ難しい!


 いくら経済力のある大人だからといって、所詮は趣味。家族に迷惑をかけるほどお金をかけるわけにはいきませんので、せめて赤が出ない程度には計算して事を運びたいとは思うんですが、来場者の皆さんの反応がいいと、黒を出したいという色気も出てきてしまうもので・・・。

 この辺りの欲といいますか、煩悩を捨て去って解脱することが出来たら良いディーラーになれるのになあ、と思うんですが、まあ我々なんの苦行も行っていないい俗人は、これからも結果に対して一喜一憂を繰り返すんだろなあなんて考えています。



 ところで、今回のわれわれのブース、お恥ずかしい話ですが初めて販売アイテムの全てが塗装済み完成品の形で展示する事ができました。自分のこさえたものにお金を払ってもらう以上、それがどんな完成品になるかきっちりと形にしておくというのは、最低限の仕事だとはわかってはいるつもりなんですが、そんな当たり前のことが今まで全く出来ていませんで・・・。


 今回はそのせい・・・としか言いようのないほど(新作は1つもありませんでしたし)、過去にないほどの多くの方に足を止め、写真を撮っていただくことが出来ました。



 以前何かの本で作家(ライターか?)の神足裕司氏が、「芸術活動は自分の居場所を広げていく事だって誰かがいってたけど・・・」と書いてたのを読んだことがありますが、僕らの好きなもの(作品や造形に対するアプローチ)はどんどん少数派になっていってしまっているので、こうした反応は非常にありがたく、それだけでもやっぱり参加した甲斐があったな、と思います。



 とはいっても、自分の年齢、家族のことを考えて、今後は準備に費やす労力も出費ももう少しコントロールせねばなあと強く思っている次第でございまして、またメンバーと話し合いながら今後の方針を固めていきます。





 最後になりましたが、わがブースの商品をお買い上げ下さった方、足を運んでいただいた方々に改めて厚く御礼申し上げます。

 ではまた夏に。
[PR]
 次回からダグラムの組立になりますが、ワンフェスから一週間が過ぎて体力も思考回路も回復したところで今後の展望などを考えました。

 ワンフェスに関しては、自分の原型は再販も含めてしばらくお休みします(DTは残り7つの在庫がなくなるまで再販します。)。ペナルティのある〆切やロイヤリティ、資材費、遠征費など金銭的負担のかかるワンフェスは、今の自分にとってちと荷が重いのが理由です。

 コツコツ原型を進めていくか、プラやガレキを組んでいくかは特に計画しないでその時の気分で適当に遊んでいきます。


 ちなみに今回のワンフェスでゲットしたお宝。
b0105855_23225652.jpg
 タイタン製の“1/24ゴールデンハーフ改造パーツ”とヒゲパワーデラックス製の“1/18ゴウトミクロマン改造パーツ”です。

 どちらも競争率が高く手に入れにくいキットで、とても良い買い物でした。自分はコレクターでも買って満足派でもないので、優先順位を繰り上げて製作していくつもりです。

 またオラザクにも参加したいなあ。

 これからまた何年かかけて取りたい資格が3~4つできたんで、ただでさえ遅い製作ペースが今までよりもダウンする事は必至ですが、この趣味を長く続けていくためにも今はそうするべきかと。


 そう言いながら、〆切のあるタココンに今年も参加したいなあなんて思っていたり・・・。困った困った。
[PR]