カテゴリ:ストフリ(放置)( 4 )

今日久しぶりにちょっとだけプラモしました。ドッグキャリアーの精度が悪いところを詰めつつ、ほったらかしにしていたストフリの顔も少し。
b0105855_0592877.jpg
ヘルメットの頬の部分を薄く削りこみ、前と下の幅も詰めて顔がよく見えるように工作。先日の記事で書いた頬の青い部分の別パーツ化はまだおこなってません。
b0105855_12549.jpg
ヘルメットの横の分割ラインは、段がつくように前パーツの外側を薄く削りこみました。この写真を見ると厚さが均一じゃありませんね・・・。修正せねば。フェイスを前に出した分、あご部分の赤いパーツがやけに前方にせり出して見えたんで、形状を変更しました。

全体に角張った感じの仕上がりにするつもりなんですが、今のところ特に問題なく作業が進んでいます。
[PR]
b0105855_2245460.jpg今回ストフリを製作するにあたって参考にする(再現じゃなくて参考です。)、重田智氏のイラスト(だと思います)です。全体に定規で引いたような角張ったフォルムと、細く尖ったドラグーンが印象的です(顔の写真しか載せてませんが・・・。)。

最近、ガンダムの顔の改造は、小顔にして奥まらせるのが主流のようですが、アニメーターの人が書くイラストは、むしろ顔がはっきりと前に出ています。

劇中のガンダムの顔が奥まっていたら、主役なのに顔が分かりづらいというのもあるんでしょうが、個人的にはこういった、はっきりと顔の分かるものが好きなんで、ヘルメットの頬の先端部分を削って顔がよく見えるようにしました。もうちょいいってもいいかもしれません。


b0105855_2258549.jpg正面から撮った写真で見ると、頬とヘルメットの間が広いように見えますが、ここには0.3ミリのプラ板を挟み込んで、頬のディティールを立体化するつもりです。

このストフリの顔のカラーリングは、鼻面と頬の配色が違うことで、何か頬が青ざめているような感じ(あくまでも私個人の感想ですので・・・。)がして、あまり好きではなかったので、多重構造にすることで、機能的な意味合いは別として、カラーリングが違うという意味合いは(自分の中では)持たせることが出来そうです。

b0105855_22592719.jpgアンテナはプラ板や三角プラ棒で延長し、形状もイラストを参考にして少し変更しています。

アンテナの延長作業時には、強度をそこそこ保持させるために、背面や側面に0.1ミリのプラシートを貼っています。

メインカメラは上段と下段の面積が明らかに違いすぎるように感じたので、0.5ミリのプラ板で位置修正すべく、切り欠いています。

アンテナの角度を左右に広げたことで、頭部バルカン砲の位置を下方に修正しなければなりませんので、バルカンがどいた後の上方にも何かディティールを入れなければなりませんか・・・。
[PR]
最近、ABSやゴム(!?)ばかり扱っていたので、“プラ”が恋しくなったということで始めたMGのストフリ。今までやったことが無い工作をちょこっといれつつ、サクッと仕上げるつもりですが、参考にするデザインがあればさらに楽です。で、何を参考にしようかと考えていましたら、ストフリの箱の中にこんなん入ってました。
b0105855_6271959.jpg
最初、出渕メカっぽく全体に丸みをもたせて、より擬人的にしようか(どこが息抜きにサクッとやねん!)とも思ったんですが、辰己宴会部長に「最近はそんなん流行まへんで。」と言われたこともあり、こちらのイラストを参考にしようかと思います。

で、パチパチ組んでドラグーンのギミックで遊んでいたら、何やら動きがおかしい・・・。ギミックがうまくかみ合ってないんかと、パーツをバラしてみたら、思いっきり破損していました。
b0105855_6395487.jpg
「オマエの取扱いが悪いんだ。」と言われれば返す言葉もありませんが、ちょっと力を加えてこんなになるんじゃ、壊れんのが怖くてギミックを楽しめんじゃない。

ということで、パーツを差し替えて強度を上げることに挑戦します。うまくいかなければパーツ請求ですが、待ち時間の間にモチベーションが下がるのが怖いんで、とりあえずやってみます。
[PR]
最近、1/48ドッグキャリアーのスクラッチにアクティックギアと35MAXのヤスリがけと、ストレスなくサクサク進むような作業をしていないので、何か組みやすいキットはないかと辰己宴会部長に相談したところ、工房にあるこのキットを組めというので、引き取ってきました。
b0105855_2351263.jpg
宴会部長の感想によると、このキットは内部フレームを組むのがすごく楽しいらしく、ストレスがほとんどないということです。何かの作業に行き詰まった時にさわる息抜き用なので、完成時期は未定ですが、SEED系はたいしてシチュエーションが思いつかないので、ジオラマ等の仕上げにせず、今までにやったことがない、パーツに切り込みを入れたり、虫ピンやツブシ玉を埋め込んだりするようなことに挑戦してみようかと思います。

こういうセンスは全くないんで、色々な作品を参考にさせていただこうかと考えていますが、どこかで見たような・・・、というものに仕上がってしまいそうで不安・・・(汗)。
[PR]