ダグラム製作・・・6

 前回の更新が2月末か・・・。やる気ないわけじゃあないんだけどなかなか目に見える部分が進まないもんで更新しないでいるとあっという間に日が過ぎちゃって。今後もこんな感じかしら。

 以前の記事で塗装ブース内で通常の作業も行えるようにしたと書きましたが、何か使い勝手が悪くて、原因はやっぱり上部に物を置けないと作業スペースがあっという間になくなってしまうなあと。
b0105855_2344274.jpg

 そこでブースはそのままに上にコンパネをはってパーツその他を置けるようにしました。これで少しは効率がアップするかと。


 同じ作業をずっと繰り返しているとすぐに飽きがきて一向に進まんので、一回捨てサフを吹いてみますわ。目で見てちゃんと表面処理が出来てないもんが捨てサフも何もあったもんじゃないとは思いますが、あとどのくらい頑張りゃいいのか見当ぐらいはつくだろうと。


 まずキットから差し替えたパーツ。
b0105855_23104794.jpg
 原型でプラ棒とアルミを使用した部分をその通りに。アルミ部分はどっちでもよかったんだけれども、プラ棒に関しては、ポリキャップとの合いもありますので、いずれ力尽きるにせよ、少しでも長く関節の保持力を持たすように。

 あとは表面処置を行って、ディティールが消えた部分を復活させて。

 頭部~胸部。
b0105855_23153021.jpg

 腕部。
b0105855_2316255.jpg

 脚部。
b0105855_23162128.jpg

 こうしてみると、表面処理とかじゃなくて、工作自体が残ってるものが見つかったりして、先にそっちをやんなくちゃあということになりそう。

 特に関節ギミックとかは先に組み立てとかないと塗装後に接着とかはちょっとしんどそう。ただポリキャップがシンナーに侵されて割れたりしたら目も当てられんし、迷うところではありますが。それと頭部全般のクリアーパーツの組み込みも。

 いろいろパーツを合わせてたら、せっかくこまごまとパーツ分割がなされてるけれども、ガレキらしく大きなパーツに組み上げてしまってからマスキング塗装にした方が仕上がりは良くなるだろうなあということでそうしますか・・・。
[PR]
by ikaremanbou | 2013-06-09 23:25 | 1/48ダグラム(宴会原型) | Comments(0)