ダグラム組立(その③(最終))

 ※この組立説明は2009夏販売分のものになります。

 購入者様からのクレームがないのをいいことに、販売してから1年と7ヶ月も組立説明をアップせずに放置してしまいました。どうも申し訳ございません。

 2011冬販売分の組立説明をホームページにアップしましたので、基本的には同じ要領で組み立てて下さい。

 一部パーツを加工しなければならない部分がありますので、それをこちらで説明します。

b0105855_9472413.jpg
 まず首が乗るターンテーブルと胸の接続ですが、2009年版にはプラ板を貼り付けるための土台がありませんので、上画像のように2ミリのプラ棒を適当な大きさに切って瞬着で接着して下さい。もちろんパテなどで丁寧にこさえていただいても構いませんが、見えない部分ですし、何よりも効果はこの工作とかわらないんで、こちらをおススメします。

 続いて肩です。 
b0105855_1022434.jpg

 上画像のように肩パーツの内側から5ミリの穴を貫通させ、PC-03-Cを入れます。

b0105855_103178.jpg
 上画像のように、レジンパーツとポリパーツのツラを合わせるために、レジンパーツをヤスリで削ります。この加工をしないと組んだ肩パーツが肩アーマーに入らんのです・・・。

 続いて胸部。 
b0105855_107113.jpg

 上画像のように、内部側面にある凹の上側のツラにあわせて5ミリのプラ棒を貼ります。首のターンテーブルの可動ギミックと干渉しないように上側は削るなどの加工をして調整して下さい。

b0105855_1011483.jpg
 この作業をすることで肩間接の引き出し部分の保持力が格段にアップし、リニアガンを構えたポーズが決めやすくなります。

 続いて肩関節部分 
b0105855_10131044.jpg
 上図のようにパーツを一部やすりで削ってください。画像は3パーツしかありませんが、同じようなパーツがもう1つありますので、全部で4つのパーツで同様の作業をして下さい。
 この2009版、自分がやらかした失敗はどれも恥ずかしいんですが、これはかなりどんくさい失敗で、関節パーツを組み上げると、その厚みで胸パーツから引き出せなくなっていまうという・・・。
 ここで1つ気をつけていただきたいことが。リューターをお持ちの方、胸パーツの関節引き出し部分の口を広げてやれば、もっと楽に加工出来そうだ、とお思いになるでしょうが、それをすると関節の保持力がなくなって、肩関節を引き出した時に腕が下がってポーズが決められなくなります。ご注意を。

 次は肘関節。 
b0105855_1023714.jpg
 当初ポリパーツを軸にする設計でしたが、保持力がどうにも弱いんで、中にポリパーツの受けを仕込んだ方が良いです。上図のようにPC-03が入るように加工して下さい。

 前腕部。 
b0105855_10253792.jpg
 前腕のフタ部分に上図のように2ミリのプラ棒を貼っておきます。前腕内にPC-04-Dを仕込み、肘関節を出し入れできるようにするのですが、これをしておかないと、ポリパーツから一旦肘関節が抜けてしまうと、ポリパーツがしなってしまって肘関節を挿入させにくいのです。必須ではありませんが、やっておいたほうがいい加工の1つです。

 足首。 
b0105855_1039583.jpg
 ポリパーツの受けをかっこつけてエッジを効かせた形状にしたのですが、足首の可動範囲がなくなってしまいました・・・。上図のように加工して可動範囲を確保して下さい。

 ターボザック。 
b0105855_10415966.jpg
 キットのままでも問題なくはないんですが、もう少し受けが長いほうがストレスなくターボザックを脱着できます。

 ヒザ関節。 
b0105855_10453836.jpg
 これも当初の設計ではポリパーツを軸にするはずでしたが、やはりどうにも保持力に問題があります。かといってポリパーツを仕込むスペースもなく・・・。いろいろと考えましたが、PC-02なら何とか入れることが出来そうです。及第点とも言いにくいのですが、これが一番保持力を発揮する方法だろうと思われます。


 以上で必要な加工の説明は終わりです。もし他に「ここはどうすりゃいいんだ?」などという部分がありましたら、どうぞ遠慮なくご連絡下さい。
[PR]
by ikaremanbou | 2011-03-05 11:01 | ダグラム2009夏版組立説明 | Comments(0)